補聴器について学ぼう

こちらのサイトでは、補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめてあります。
音を聞き取りやすくするためには調整が必要になってきますが、調整は自分でできるのか、専門店に依頼したときには費用がどのくらいかかるのか、当サイトを利用することで小さな疑問を解決できます。
また、装着が不十分などときには落下してしまうこともある、その防止法には何があるのか、日常的にお手入れが必要であるのか、お手入れはどのように行うのが良いのかもわかります。

補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめました!

補聴器を購入した後に役立つ情報をまとめました! 補聴器の役割は、難聴で音の情報が届きにくくなったとき、コミュニケーションや生活を助けるための道具です。
装着すれば必ず聞こえが良くなると限りませんが、聞こえにくさに合わせて音質や音量を調整して音を聞き取りやすくする、これをフィッティングと呼びます。
フィッティングはいわゆる調整を意味するもので自分で行うことはできませんが、補聴器の音量を変えるなどの調整は自分で行うこともできるタイプがあります。
ハウリングは補聴器内部で増幅した音が再びマイクから入る現象で、音を小さくすることでハウリングを防止できます。
購入後のお手入れは、補聴器は耳垢や汗などが付着するので、これを綺麗に拭き取ることで長く使い続けることができるようになります。

購入後に使用していた補聴器が故障したときには?

購入後に使用していた補聴器が故障したときには? 補聴器を購入して使っていたら壊れてしまうこともあるかと思われますが、補聴器も一般的な家電品と同じく保証期間が設けてあり、保証期間内であれば修理が無料で行えるようになっています。
ただし、無償で行うことができる条件は故意に壊したものではないことなどの前提条件がありますし、装着していたときに落としてしまい音が出なくなったなどの場合は有償になることも少なくありません。
購入後の修理は、購入したお店に持ち込むことをおすすめします。
販売店では状態を確認して必要に応じて預ける形になります。
預けてしまうと聞こえが悪い状態で帰宅しなければならない、日常生活に不便さを感じるようになるなどのリスクも出てきます。
お店にもよりますが預けなければならないときに代替器を提供してくれるところもあるので、購入店を選ぶときにはアフターサービスにはどのようなことあるのかを確認しておくと安心です。
ちなみに、補聴器には空気電池と呼ぶ電池が使用してあるのですが、電池は10Aであれば5~7日、312であれば7~10日、675であれば20間の寿命です。
電池が切れると音が聞こえなくなるわけですが、電池交換は使用する人が行いますので購入時点で交換の仕方を教わっておきましょう。

香川の補聴器について詳しく知りたい

香川 補聴器